『ハンナ・アーレント』

シネマカリテで観てきた。

ハンナ・アーレントについては自分は、『人間の条件』をそのうち読みたいと思ってるけどまだ未読、という程度の状態。

作品中一番心に残ったのは夫との細やかな愛情の交し合い。最後の講義の場面も感動的ではあった。映画の後半は、自分はずっとE.W.サイード『知識人とは何か』を思い起こしていた。

丹念に作られた作品だなとは思ったが、とはいえ『イェルサレムアイヒマン』を読まなきゃ!という気持ちまでは起きず。作品内でのアーレントの主張自体は、賛同はするけど自分にとってはそれほど目新しい考えでもなかった。『人間の条件』はそのうち買うかもしれないけど。

あと、アーレントが戦時中に収容所に入れられていたということは知らなかった。